流れたリンパは、どこへいくの?

本当によくお客様から聞かれます。
リンパマッサージをしたり、マシンを使用して流れたリンパは、体外に排出されるまでどこへ行っているの?と。
当店ではHIFU(ハイフ)を使用した痩身エステをメインとしており、そのほかにもキャビテーションやラジオ波を使い、
施術を行っております。
施術直後でも効果を実感して頂けますが、まだ体外に排出されていないはずの老廃物や脂肪はどこへ行ったのか?という事を
不思議に思われる事はないでしょうか?

体内を流れているリンパは、どのくらいの速さで循環しているのかご存じですか?
通常、血液は約1分で体内を循環しています。
それに比べて、リンパは6~8時間かけて体内をめぐります。
とてもゆっくりなスピードで循環しているため、ちょっとしたことですぐに滞ります。
長時間同じ姿勢意をしていたり、運動不足だったり、寒いところにいたり…
皆様、心当たりがあるのではないでしょうか?
リンパの流れを悪くしないためには、とにかく体を冷やさないことと、なるべく体を動かす事です。
1日数分のストレッチなどでも効果がありますので、是非お試しください。

リンパ液は全身に張り巡らされています。
そのリンパ液は、体の節々にある、リンパ節を通っています。
老廃物などはリンパ節でキレイに処理されて、流れていきます。
なので、このリンパ節には老廃物がたまりやすくなります。
リンパ節がある場所は、鎖骨、わきの下、お腹、脚の付け根、膝裏、股関節になります。
ここを押すと激痛が走る方もいらっしゃると思います。

本題ですが、最初に書きました通り、リンパマッサージをしたり、マシンを使用して流れた老廃物は、このリンパ節に溜まっていきます。
ですので、リンパ節にたまった老廃物は、外に流してあげないといけなくなります。
ただ、キャビテーションやラジオ波を患部にあてただけでは、老廃物は外には出ていかないという事になります。
ご自分でもリンパ節のマッサージは可能ですので、なるべくつまりがない状態にしてあげる事が大事です。

エステでラジオ波を受けるメリット

良くエステサロンなどのメニューにラジオ波があるのをご覧になった方は多いと思います。
目にはするけど、ラジオ波ってなに?という方は、とても多いと思います。
今日はラジオ波とは何か? また、ラジオ波を受けるとどういうメリットがあるのか?という事をご説明いたします。


ラジオ波というのは、赤外線の電磁波のことを指します。
もともとは、医療現場で使われていたものです。
周波数がラジオと同じHzなので、ラジオ波と呼ばれるようになりました。
ラジオ波は施術を受ける方には人体に悪影響は起こしません。
脂肪細胞を壊すようなものではなく、体の内部から温める作用のあるマシンになります。

ラジオ波では、最大43度まで体温を上げる事ができます。
体温があがると、結構の流れが良くなりリンパのつまりがスムーズになります。
そのため代謝が良くなるので脂肪を燃焼しやすくなります。

痩身エステを行う際、キャビテーションやHIFU/ハイフで脂肪細胞を破壊し、更にラジオ波で代謝を上げて体外に排出させる事をお勧めしております。
冷え性の方の体質改善にも役立ちます。

ラジオ波の頻度ですが、多くて週に1回、通常は2週間に1度をお勧めしております。
あまり多く受けてしまうと、金属アレルギーを発症してしまう恐れもありますので、お気をつけください。

**************************
プライベートサロンVivian
042-649-2994/080-2342-2505
Vivian@sakura.plala.pr.jp
**************************